とある男女の会話

「こんばんは」

 琥珀色の灯りの中に差し出された手首には、Lagom Watches らしい、洗練されたフォルムの時計が巻き付いていた。

「いつも思うんですけれど、Lagom Watchesの腕時計いくつ持ってるんですか?」

 毎回毎回、会うたびに違う色とデザインを身に付けている男の名は、深山武(みやま たけし)。妻子持ちの商社マンだ。

 筋肉質で長身の男が白い歯を見せる。

 カウンターのスツールに長い肢を持て余しているかのように優雅な動きで腰かけた。

 薄手のVネックのシャツにスラックスというラフな格好だが、整った顔立ちのせいか、どこかハイクラス的な空気を纏っている。

「好きなんだよね、コレ」

「いいお値段しますよね?」

「べらぼう高いってわけじゃない。普段からつけやすくて服の種類を選ばない品の良いデザインだろ?」

「深山さんが付けていると、超高級時計に見えます」

 苦み走るその顔が困ったような表情を浮かべている。

「もしかして、呆れてるのかな?」

 その通りだったが、そうだとも言えない。

 目の前に運ばれてきた薄水色のカクテルに手を伸ばした。

 甘ったるい味の中に潜んでいた度の強いアルコールが喉を火照らせていく。

「私は、一つあればいい派かな」

「もしさ、Lagom Watchesの腕時計をプレゼントしたら、付けてくれる?」

 予期していなかった流れだ。

「私達、付き合ってましたっけ?」

「あれ? 違った? その気になってたのは俺だけ?」

「とっかえひっかえじゃない」

「それは、腕時計」

「そうかなぁ~」

 わざと不満タラタラな声で言ってみる。

「そろそろ、休戦しないかな」

 この男との出会いは、いつだっただろうか。

 10年前、そう、このBARで。

 あの時は、腕時計になんて興味なかったのに。

「ごめん、ちょっと夢中になり過ぎてた。時計如きに――って笑うかもだけど」

「あら、そう? じゃあ、奥様にもそう言って差し上げたら?」

 もう、結婚になんて興味ない。

「うん、わかってる……本当にごめん」

 しょぼくれたような声で頭を深々と下げている。

 イイ男なのに、だいぶ残念な男。

 妻子持ちだけれど。

 バーテンダーが年代物のウイスキーで満たされたショットグラスを男の前に置いた。

 チラッと見ると、パチンとウインクで返される。

 そろそろ、許してあげなさいよ。

 いいじゃない、腕時計くらい可愛いもんよ。

 浮気したわけじゃないんだから。

「まぁ、おそろいっていうのもありかもね」

 それを聞いて、嬉々とした表情に変わっている。

「いくつかピックアップしてあるんだ」

「なーんだ、まだ、買ってなかったの」

「選んで欲しかったんだ……そういうのって、夫婦だからできることだろ?」

 そーだね、私達、夫婦だもんね。

「じゃあ、結婚記念日に」

 私は、カクテルグラスに残っている液体を一気に飲み干した。 

にほんブログ村 にほんブログ村へ